スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチローが退場に~

シアトルマリナーズのイチローが審判へ抗議した結果、退場になったそうです。

イチローはどちらかと言えば強めの発言が多いですが、試合中は冷静なようで退場と言うことが1回もなかったそうです。

何をしては自分にとってもよくはないということが分かっている人なのかもしれませんね。

松井秀喜の方も退場がないイメージがあるのですが、どうなのでしょうかね?

ロッテのバレンタイン監督はメジャー時代は退場が多かったそうですが、日本の野球の中ではあまり退場はありませんね。

ここのところは広島のブラウン監督と近鉄・オリックスのローズ選手の退場がけっこう多いみたいですね。

スポンサーサイト

イチローの年齢と野球選手の衰え

シアトルマリナーズのイチローが9年連続で200本安打を達成しましたが、今年は珍しくふくろはぎの痛みなどが出て、休場することもありました。

ケガがほとんどないイチローにとっては珍しく、年齢の体力の衰えが指摘されていました。今年のWBCの時にも結果が出ないのは速いボールに対応できないからなどその時にも体力の衰えは指摘されていました。

一般的には35歳あたりから体力が落ち始めるそうですね。どこかイチローには当てはまらないだろうとか、無関係に思っていましたが、やっぱりイチローも衰えることはありますね。


しかし今の野球選手はどれだけ長くやれるかに重点を置き、ケアも念入りにやるので選手生活は伸びているそうです。


金本選手はサプリメントなど栄養分に気をつけているということがでていました。

イチローが200本安打9年連続記録を達成

数字にはこだわりのあるはずのイチローは200本安打の記録には達成する前は無関心な様子を貫いていましたね。


なんとなくプレッシャーなどはないという感じの言い方もしていましたが、WBCなど不調な時などはけっこう落ち込んでいて苦しかったみたいでやはり人間で感情に左右されることはあるようですね。


野球選手は野球もしながら息抜きもしますが、イチローはそんなに息抜きすることもなく、野球に専念した日々を送っているみたいですね。

一日中、野球のことを考えていて野球のために生きている風にも見えました。他の人なら飽きてしまう日もあったり、割合が高い分不調であれば気持ちも潰れてしまいそうなのに、野球とうまく付き合っていく姿というのはすごいですね。


イチローはメジャーで記録を作るために人生を注いでいるのか、野球がすきな分、そこで名前を残したい気持ちが強いのか、野球を極めていくことに楽しさや達成感を感じるのか、イチローが野球に集中する心理を知りたいですね。

イチローは今年で36歳なので、WBCの時には体力的にも衰えが出ているのではないかとも言われていました。

実際には35歳あたりを境に体力は落ちてくるものなのだそうです。

RSSフィード
阪神関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。