スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダルビッシュ有と対戦、なかなか点が入らず

阪神は札幌ドームで日本ハムファイターズと対戦しました。相手ピッチャーは日本のエースの一人でもあるダルビッシュ有でした。

やはりなかなか点数が入らずで、相手のミスもあってなんとか1点が入ったという感じでしょうか。阪神はエラーも4つついてしまい、締まった試合というのができなかった様子でした。

解説者からも守備では簡単に進塁させてしまっているという指摘もあったりと、なかなかかみ合っていない様子でした。

ピッチャーもなかなか点が入らない、野手も点をとってもその次には失点してしまうなど気持ちのすれ違いが起きてますでしょうか。

ダルビッシュ有と対戦したことは見ものでしたが、やはり調子のいい時に対戦したい相手ではあります。

まだ新加入のブラゼルは合流はしてないようですね。この試合に出ているところも見てみたかったですが。

スポンサーサイト

メジャーの城島と岩村がケガで登録抹消

メジャーリーグの城島と岩村がケガで登録を抹消されました。岩村はじん帯を痛めたようで、手術も必要らしく今期はほとんど試合には出られない様子。

2塁ベースに付くときに相手選手のスライディングが重なって痛めていました。城島はホームベースのガードで痛めました。

メジャー選手は体が大きく思いっきりやってくるだけに大変ですね。とくに城島はガードしなければならない立場で逃げられないので大変そう。

スポーツ選手はケガと隣り合わせの中よくやっていますね。世の中には文字で報告されますが、実際のリハビリの様子を見るとかなり痛くしんどそうです。



日本ハムの中田が初の2塁打

日本ハムの中田翔が初の二塁打を打ちました。以前はあまり結果が出ない様子で、まだまだなイメージがありましたが、今年は2軍の月間MVPを取るなどなかなか好調なようです。

やはりすごい選手には変わりないのですね。去年は気持ち的にも目標があまり固まっていない印象でしたが、今年は試合に出たいと言う気持ちが強いようです。

土曜日から日本ハムとの試合が始まります。どうやらダルビッシュ有が登板するのが濃厚のようです。

交流戦西武戦では負けた

西武戦が甲子園で行われましたが負けました。涌井にヒットを打たれ打点もつけられたりと、あまり流れがよくなかった?

次はダルビッシュ有、田中まーくんが登板してくるそうなので、苦労するかもしれません。対戦はおもしろそうですが、なんとなくチームの雰囲気が重く活気が低下しているようすでした。

いろいろなコメントを見ていると金本選手の打球の追いかけ方が活気がない様子だったという声もありました。

やはりチームもどうすればいいのか分からないしんどい時期でしょうか。



ブラゼルが正式に契約し阪神に入団

5月28日、元西武ライオンズのクレイグ・ブラゼル内野手と契約を結びました。ブラゼルは見た目より若く29歳です。

年俸2500万円プラス出来高払いで背番号は67になりました。ブラゼルの去年の西武時代の年俸は1億円なのでかなり格安になったイメージが。

ブラゼルは近いうちに子供が生まれるそうで、最近までは年俸200万円のリーグでプレーしていたらしいく、子供のためにも日本で野球をしたいと思っていたそうです。

元西武スタッフの黒江さんによるとパワーもあるけど、コンパクトに振っていけばヒットを狙える選手ということです。

去年の最後の方は頭にデッドボールを受けてめまいや頭痛などでほとんど試合に出ていませんでした。

6月は打率も3割もあったので、体調と環境さえ整えばそこそこの活躍は期待できるのかもしれません。

「新しいエネルギーを自分が持ち込みたい。それでチームが爆発してくれれば。最大限の努力をして、優勝を味わいたい」。

去年の成績は西武で打率2割3分4厘、27本塁打、87打点。直前までアメリカの独立リーグの試合に出ていました。

ソフトバンクホークスが交流戦負け無しの5連勝

交流戦ではソフトバンクホークスが負け無しの5連勝でなかなか好調です。巨人戦だったので難しいのかとも思ったのですが、投げる方も抑えて、打つほうも打ってと、なかなか連勝できなかった雰囲気とは違っているようです。

交流戦=リーグ優勝につながるイメージもありましたが、ソフトバンクは去年は優勝しながら最下位になるなど突然調子も下がっていくこともあるようです。

ソフトバンクホークスは試合ごとの監督賞が今年になってから廃止されたという話もあり、それが交流戦優勝の勢いにつながっているという声もありましたが、実際のところどうなのかは分かりません。


西武に勝った4-12009年交流戦

西武との交流戦が甲子園で行われ4-1で勝ちました。この日はNHK衛星放送で放送されていて、2回戦も放送されます。

昨日は藤川球児が打たれて負けましたが、今日もGG佐藤に打たれるなど少しピンチも迎えましたが、点差もあったのでなんとか無難に抑えました。

藤川球児はWBCでは登板がなく、そのことに関しては不信感も抱いていたような発言もありましたが、はやり本調子でなさそうです。

WBCのコーチも不調を感じていたそうなので、仕方の無い登板無しだったのかなとも感じました。

今日は三振も取り調子も上がってきているのかもしれません。連打が出ない阪神打線ですが、今日は連打が出てなかなかよかった試合だと思いました。

新型インフルエンザが気になりながらも京セラドームは2万人超え

新型インフルエンザが注目されていますが、京セラドームでは2万人を超える観客数になりました。

球場でも風船は飛ばさないなど対策を出しているそうですが、球場に行っても行かなくても絶対に防げるということはそうはないのかもしれませんしね。

現在は芸能人のイベントなどもいろいろ対策を打っているそうです。人ごみの場所を考えると電車の中、バスの中、繁華街、デパート、商業施設などとあらゆるところに人が集まり、生活では避けては通れない感じなので、普通の生活をしていく以外にはありませんね。



オリックスとの関西対決で負け5連敗に

オリックスとの試合が行われましたが、久しぶりに3点はとったものの、8失点で負けてしまいました。

オリックスはパリーグでは最下位と調子の落ちているチームだっただけに、どちらが調子が悪い?かという対決にも注目されていました。

ピッチャーが抑えるときは点が取れない、点を取る時は失点も多いとなかなかかみ合わない状況が続いています。

横浜は交流戦に入って2勝1敗と調子が上がってきているみたいですね。現在1,5ゲーム差と横浜が迫ってきています。

阪神が元西武のブラゼルを獲得へ、ズレータではなかった

阪神が元西武のブラゼルを獲得するそうです。一部ではブラゼル、他方ではズレータとスポーツ紙の見方も違っていましたが、デイリースポーツではズレータと報じていただけに、ズレータかなと思っていました。

阪神ファンの中では元中日のウッズが人気で、ズレータもなかなかの人気でした。ブラゼルは去年の終盤の方に頭に死球を受けて、頭痛・めまいがすると訴え日本シリーズにも出場できずにそのまま退団となっていました。

ブラゼルは三振が多い傾向にあるそうですが、パワーはある選手で。以外にもまだ30代ではない選手です。

外国人選手の確保なしに上位にいるチームはそうなないので、やはり必要ですね。できれば2人そろってほしいところではありますが。

交流戦ソフトバンクホークスとの試合の感想

阪神は交流戦では最初にソフトバンクホークスと当たり、ヤフードームで試合が行われました。

1試合目は満塁に2回ほどなりましたが、なかなか点が取れずに0点。ソフトバンクも同じくあまり点が取れずに1点止まりでそのまま試合が進む。

その後9回にリンのホームランで同点に。そのままお互いに防いで・・・点が取れずに・・・と引き分けになりました。

今年はお互いに点が取れないチームなので、引き分け・延長の確率は高かったのかもしれません笑

阪神は11安打、ソフトバンクは3安打でした。


■2試合目は先発は阪神下柳と、ソフトバンクはホールトンでした。1-2で試合が進み、9回に昨日同点を許した馬原が登場。

狩野のゴロの間に1点が入り同点になり延長へ。10回にソフトバンクの松中にホームランが出てソフトバンクホークスがサヨナラ勝ちをしました。

この日は5安打と元気がありませんでした。なかなか集中的にヒットが打てない状況です。鳥谷は連続出場イニングが続いていましたが、途中交代になりました。

まあプロの世界なので、勝ちに近づくこととして適切なら仕方のないことですね。



横浜の大矢監督が休業に

横浜の大矢監督が途中からの休業になったそうです。横浜に関しては戦力が整っていないとか、練習時間をもう少し増やした方がいいのではないかという声が出ていました。

大矢監督はこのままのペースで行けば休業の可能性もあると言われていましたが、まさかの現実になりました。

大矢監督も辞任になったことは残念に思っているそうです。このあとは田代二軍監督が代わりにやるそうですが、監督は大矢監督のままのようです。

明日から交流戦が始まります

明日から交流戦が始まります。現在セリーグでは巨人が独走状態ですが、パリーグとの対戦になるとどうなるでしょうかね。

パリーグのチームが調子がよければ、巨人の負けが増え、終わる頃にはゲーム差が縮まっている可能性もありますし、もしかしたらもっと差が開く可能性もあるかもしれません。

しかしパリーグのチームも巨人は独走状態なので、目の色を変えて意気込んでくるかもしれません。

今年は全体的にモチベーションもなかなか上がらない雰囲気のように見えますが、交流戦ではまた気持ちの切り替えをしてほしいですね。

金本がサヨナラホームランで広島に勝つ下柳先発

阪神は広島に1-0で勝ちました。現在7回やって阪神5勝2敗なのでそこそこ相性は良いみたいです。

0-0の9回に先頭の4番金本がレフトスタンドへホームラン。このホームランは第9号で初得点が勝利に結びつきました。

下柳は2安打完封。無失点で無得点はなかなかきついものかもしれませんね。3勝目。

広島の大竹に無失点で抑えられていて、やはり打てないピッチャーでした。そのまま大竹が出てくるかと思いましたが、ピッチャーが交代し横山に。

やはり抑えているピッチャーが降板すると、ラッキーと思うものなのか、やはり何かが起きますね。

下柳は意外にも8年ぶりの完封となったそうです。

西武ドームへの行き方

西武ドームへは西武新宿線か池袋線で所沢駅まで行くと、試合前の時間ではそこから西武球場前の電車が出ています。

それよりも早めに行きたい場合には西所沢まで行かないと西武球場前の電車は出ていません。

西武ドームは西武球場前駅の目の前にあるのでかなり便利でした。今年から西武ドームもいくつか改装した部分があります。

今年からホームは三塁側になったので、ビジターは以前とは反対の一塁側になります。



阪神タイガースの交流戦の流れ

今年も交流戦が行われます。開始は5月19日で阪神タイガースはヤフードームでソフトバンクホークスとの試合になります。

順序はソフトバンク→オリックス→ロッテ→西武→日本ハム→楽天→オリックス→ソフトバンク→西武→ロッテ→日本ハム→楽天となっています。

それぞれ2試合ずつでホーム・ビジターで戦います。

去年は同率1位になったものの、前年の順位で決まり、ソフトバンクホークスが優勝となりました。もし今年も同じ条件なら前年に2位になった阪神は有利になる可能性も高いだけにがんばってほしいところです。

マツダスタジアムはメジャーリーグのような球場

マツダスタジアムが今年から使用されていますが、全面天然芝を使用していて、席も緩やかな角度でと日本の球場ではない雰囲気です。

スポーツバーもあり、寝転びながら観戦できる場所があったりと、かなり好評です。机付きのイスに座ってバーベキューができるスペースもあります。

広島カープの観客動員数急増しました。倍増の91・4%増となる2万6465人に。以前は1万人入っていないときもあったと思うのでかなりのアップですね。

出来上がる前は資金がどうのあったので、コスト削減された球場になるかと思っていましたが、かなり立派でした。

新庄剛志の元妻の大河内志保が活動再開

元新庄剛志の夫人の大河内志保が芸能活動を再開したそうです。1992年にデビューし2000年に引退していたので、かなり久々の活動になります。

活動再開後は日本テレビの島田紳助の行列のできる相談所、テレビ朝日のシルシルミシルに出演しています。

顔は叶恭子さんに似ているイメージがあったのでセクシーボイスのイメージがあったのですが、実際はかわいい感じの声でした。

20代の初めの方から交際して付き合いとしては長いものです。それが引退後は別々に違う道を歩むというのもなにか不思議な感覚です。

かなり深い仲なのかなと思っていましたので。

結婚生活について大河内志保さんは不思議な人だったので楽しかったとのことです。どちらかと言えば結婚時代にテレビに出てみてほしかったと思っています。



元日本ハムファイターズの新庄剛志は・・・

元日本ハムファイターズで、阪神、メッツ、ジャイアンツに在籍していた新庄剛志は最近はなかなか見かけませんね。

今はアメーバブログなどでブログを更新しているようです。引退してからはテレビの方に出演すると思っていましたが、そんなに表に出ることはなく、立ち上げた会社の事業の方に専念しているようです。

どちらかと言えば今までの野球人生とは切り離して、選手時代のサインはかかないなど離れた感じもあります。

現在は絵画にも挑戦しているそうで、個展を各地で開いているそうです。新庄が絵が得意だとは知りませんでした。

ルックス的なものを気にする方なので、芸術肌の人かなとは思っていましたが。体力的に見れば早い引退、グローブを置いて引退、引退後は表舞台からは距離を置くなどどこか山口百恵系?のイメージもあります。

関本の活躍などで12得点

横浜に12-4で大勝しました。ずっと無得点状態が続いていましたが、やっと得点できたという感じですね。

気になる首位の巨人ですが、逆転で中日に勝ちました。今年の中日はどこか粘りがないような・・・どこかピリッとしませんね。

現在4位には7ゲーム差がすでについています。このままのペース、五分五分の勝敗でいけば、3位以内はほぼ確定でしょうか。

2位とも4ゲーム差がついているので、戦力手にも間が空いている印象もあります。交流戦が始まってからどうなるかでまた結果が分かれてきそうですが。

移籍した久保選手が勝てない

ロッテが移籍した久保選手が5試合に登板して勝てません。勝てない理由のひとつのキャッチャーが出したサインに首を振ることが多いからという指摘がありました。

ロッテ時代から新人王を取って以降は首を振って自分の投げたいボールを投げたがる傾向になったとのことです。

ルーキー時代には新人王に日本一を経験しているので、その自信の影響があるのではと。もしそれが本当なら順調なスタートは良いことばかりではないということでしょうか。

なかなかうまくいかない場合も長い人生を考えれば悪いことではないということとも言えるかもしれません。

久保が勝つためにはキャッチャーの要求通りに投げることらしいです。ピッチャー主導になると単調な配球になるとのことです。

目の下に打球を受けた高校球児が亡くなる

目の下に打球を受けて重体だった高校生球児が亡くなったそうです。内野ゴロを捕球する際に当たったそうなので、バウンドしているし回復すると思っていたのでまさかのことでした。

プロではない人のスイングでしょうし、そんなに強いものなのかと思っていましたが、金属製バットプロの選手でなくともはかなりの速い打球になるそうですね。

ピッチャーにとっては大変なもののようです。スポーツをやる上では危険はどこかにあると思いますが、管理人もそんなことは考えずにスポーツをやっていました。

イチローの200本安打はできる?

イチローは現在ルーキー時代から8年連続で200本安打を達成していて、今年になると9年というのは新記録になるそうです。

そのイチローは15日間故障者リスト入りで試合には出れずにいましたので、最後の方になるとあの時の休みが大きいということになるでしょうか?

4月の打率は307で、自己最高に。いつもなら4月は調整の時でこれからに備える時期ですが、今年は意識せずに良い結果がでたのか、それとも力をいつも以上に集中させたのか。

いつもとは違う状況が影響しなければいいですね。

南野陽子の懐かしい動画ドラマ

南野陽子が出演していた追いかけたいの!の動画がありました。

追いかけたいの!

実はwink(ウインク)の愛が止まらないが主題歌だったというものです。昭和~平成のはじめの雰囲気があるような、バブル前、そのあたりという雰囲気を感じるような。

昔のドラマは人に深みがあったような、数多い同年代の人の中から出てきただけあって、雰囲気が出ている感じも。

WBCが終わって少し気持ちが盛り上がらない?

今年は去年と違ってどこか気持ち的にもあまり盛り上がらない面もありますが、選手もそういうところが見ているとあるようにも感じますね。

防げるミスが多いと指摘される面も全体的にありますし、やはりいつもと違う年でしょうか。


WBCの緊張感と興奮を味わうとまた気持ちを上げていくのは意識していても難しいそうですが・・・反面、メジャーの方ではWBCはあまり重視してない風潮らしいので、いつもと変わらない年になっているみたいです。

2009年5月8日の試合

横浜との試合で0-2で負けました。相手はやはりFAで熱心に誘えばよかった?三浦大輔選手でした。

やはり阪神には苦手ピッチャーなのですね。安打もたったの2本で、これじゃ得点できないという状況でした。

先発の安藤が2失点だけにもったいない試合にもなり、安藤自身もちょっと気の毒ですね。やはりチームごとに狙い球や方針があるので、阪神はとくに三浦を苦手にしているということになるでしょうか。

現在は5位で首位とのゲーム差は6、5です。新人監督なので仕方のないことだとは思いますね・・・藤川球児も離れていますし。

岡田監督の采配の良し悪しはよく分かりませんでしたが、なかなか的確だったということでしょうか。

時々阪神戦の解説をやっていますね。采配に関していろいろ指摘する場面もありました。



千葉ロッテマリーンズはどうなる

千葉ロッテマリーンズでは、文書がマスコミに送られてきたそうですが、そのFAXにはマスコットキャラクターのまーくんも載っていました。

リアルな感じです。この文書は定例会議の議事録らしいです。今年はどういう結果になってもボビーバレンタイン監督は退任になるそうで、マリンのファン・サポーターからは反対する著名活動も出ているそうですが。

文書の中には千葉から移転させてはどうかという発言もあったということも書かれていたそうです。実際に言ったのか言っていないのかは分かりませんが。

楽天の高須選手が全治2ヶ月らしい

楽天の必要不可欠な高須選手が捻挫だけではなくじん帯損傷で全治2ヶ月のケガだったそうです。

打率304の選手が抜けるのはかなり楽天にとっては痛いでしょうね。これから下のチームが上がってくることに敏感になる時期でしょうし。

西武戦の守備では見方と交錯して、足首の上に相手が乗るという体勢になりました。自分では歩けずに運ばれていました。

阪神タイガース

阪神タイガースやその他のプロ野球やスポーツなどについて書いているブログです。


やはり巨人は強いのか、楽天の優勝はあるのか、いろいろ気になります。

RSSフィード
阪神関連リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
その他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。